読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

恋をするには煩悩が多すぎる

ジャニオタ道に足の先を踏み入れたくらい、今。

元宮城県民の嵐宮城Blast参戦服ふりかえり

先日下記記事をライターの友人に見せたら「仕事でもないのになんでこんなに書いてるの?暇なの?」と一蹴されたcarakaraxです。こんにちは。

carakarax.hatenablog.com

 

さて、累計2万UU以上のご訪問を受けた上記記事ですが、KGI*1は振り返るのが社会人。

結局気温はどうだったのか?

(仙台のデータです)

f:id:carakarax:20150925212500p:plain

結局、最低気温が平年並で去年よりもあたたかく、最高気温は平年よりも去年よりも高かった。前半は帰りもあたたかく、後半は帰りちょっと冷えた。
総じて、いい天気だった。(18日のグッズ販売の朝を除いては!)

ということで宮城の服装を振り返りたいと思います。
結局わたしの服装はこちらだった。

<通常状態>
ワンピース(半そで)
ストッキング
スニーカー
キャップ

<終演後>
厚手のパーカー

<日よけ>
グッズのタオル


ぱんぱかぱーん!
雨具なんて必要なかったよ。
あ、でも18日のグッズ販売の日は雨だったので、長靴+ウインドブレーカーでグッズ列に並んでました。長靴、持っていたのに活用場所ここだけ!まあ、東京も雨で長靴移動してましたので、それはそれでよかったんですが。*2

2日目以降は、乾燥で砂埃がまってたのでマスクがあるとよかったですね。
あとやっぱり持ち込み禁止だったけどレジャーシートほしかったですね。
持ち込み禁止だったけど折りたたみ椅子も持ちこみたかったですね!
復興市場にはビールもほしかったですね!(グッズ販売日にキリンのトラックを見たので期待していたのですが…)
日焼け止めの塗りなおしが必要でしたね。(背中かゆい)

ということで、持って行って役立ったものリスト。

・日焼け止め
・塩飴(コンサート中はしにそうになりますね)
・大型のゴミ袋(座ったり、荷物入れて椅子の下に入れたり、やっぱり圧勝)

やはり寒暖差はありましたが、最終日が一番冷え込んだくらいでパーカー1枚でしのげるくらいでした。コンサート中も風もひどくなく、きれいな日没にきれいな月、と野外コンサートとしては理想的な気候だったと思います。最終日の帰り、ちょっと寒かったですね。
帰りのバスに並んでるときに「林間学校の空気みたい」っていってる方がいらして、それだ、と思ったんですがつまり澄んだ宮城の空気を体感いただけましたということでよいでしょうか。

個人的には、前回のブログ記事で紹介したむすび丸が本編に登場したので大変嬉しく思っております。

なんか感無量ですね。
あの規模のイベントがあそこまでスムースに運用されたのってすごいですよね。
私自身はほとんど並ぶこともなかったです。一番並んだのは帰りの仙台行きシャトルで1時間並んだことで、想定内でした。

何よりもびっくりしたのは、スタジアムのボランティアスタップのみなさん。なんですかあれ。毎日導線が改善されてて、笑顔で案内してくれて。おいでよ宮城!ですよ。
GIPにノウハウも残ったかな。来年のARABAKIもよろしくお願いいたします。

あ、ARABAKIっていえば!
Wゲート側の復興市場に「川崎こんにゃく」があったんですけど、あれ宮城県川崎町なんでよろしくお願いします。神奈川県川崎市じゃないんで。
ARABAKI ROCK FEST.の会場が川崎町なんです。毎年川崎こんにゃくブースで2日間で5,6本食べてるんで、なんかほっとしてBLASTでも毎日食べてました。勢いこんで2本とか一気ぐいしてた。美味しかったなあ。

本編ですずめ踊りの指南をしており、Mステ出演も果たした宮城県の県庁職員で課長のむすび丸さんのグッズは宮城県外でも下記の場所で買えます。

宮城ふるさとプラザ(池袋駅前)
東急ハンズ 名古屋店
川の駅 新湊(富山県
宮城県内含む販売場所一覧>
http://www.miyagi-kankou.or.jp/page/goods/shop/

ちなみに指南してたむすび丸はスポーツバージョンです!

 

関係各所のみなさんの頑張りのおかげで、ただの都内在住元宮城県民も胸をはっていえます。

おいでよ宮城!

まってるよ〜

f:id:carakarax:20150901004502j:plain

 

*1:KeyGoalIndigator

*2:オープニングの映像は18日午後にとったんじゃないかな?雨は上がってたけど曇ってました。

元宮城県民の野外フェス常連が考えた嵐宮城Blast参戦服

こんにちは。

RISING SUN ROCK FESTIVAL(北海道)歴8年、ARABAKI ROCK FEST.(宮城)歴7年、FUJI ROCK FESTIVAL(新潟ver)歴5年のcarakaraxです。
フェス常連て書いたけど、歴書いたら別に常連でもないですね。よく行ってる、くらいですかね。まああんまり気にしないでください。
あ、ちなみに嵐ファン歴は半年です。初の嵐コンサートです。生嵐です。うおおおお。

宮城Blast、宮城県民である同行の友人と話していて服装の相談をかなりうけたので、ブログにまとめることにしました。ただの私のメモなんで、個人の一例なんで有効性は不明ですが、どなたかのお役に立てれば幸いです。

まず、9月シルバーウイークの仙台の気温を調べてみました。

 

f:id:carakarax:20150901002224p:plain

気象庁過去の気象データおよびhttp://m.accuweather.com/より作成


これ、最低気温がお盆時期に毎年ある北海道のRISING SUN ROCK FESTIVALと大体同じなんですよね。

 

うっしゃ、夏フェス仕様でいけばいいんじゃん!と思いましたよ、私は。大雨のフェスも、ぴーかんのフェスも経験した結果導き出された衣装は・・・

 

<通常状態>
UVカット&撥水性帽子
・撥水&防風パーカー
ユニクロUVカットパーカー
・Tシャツ
・短パン
・トレーニングタイツ
・トレッキングシューズ

 

<雨対応>
・グッズのポンチョ
・レインスカート
・レッグカバー(レイン対応)

<寒さ対応>
・ウルトラライトダウン
・ほっかいろ

 

あ、あれ?
こないだNEWSのドームに行ったときにいたひらひらの女の子の片鱗も存在しないぞ?あれ?

という事実....。いや、これは暴れることも想定したロックフェスの格好だから、中身はもっと工夫のしがいがあると思います!はい!わたしだってだらだら見るフェスの日は中身ワンピとかですよ!

 

ずれた。とにかく屋外の防寒で重要なのは

い)身体と服を濡らさない
ろ)風を遮る
は)風を遮るものと体の間に空気の層を作る

です!

はい、山ガール*1
・・・まあ上記の装備くらいやると、防御力は最大だと思いますのでここまではやらなくてもいいと思いますが1個づつ解説しますね。
(なんせこれ、装備全部合計で7、8万円いってます)


◆雨対策

まず、野外で一番の懸念は雨!ひとめぼれスタジアム*2は天井あいてます。もちろん、待機列や場外のイベント会場にても、人がたくさんいる場所で傘なんぞ使っていたら危険きわまりないので、レインコート系での防御が吉となります。

<頭部編>

帽子、というかつばが必須です。*3
コンサート中の雨の場合、公式グッズのレインポンチョなど、フードをかぶることになると思いますが目の上のひさしがないと雨が顔にあたるんですよ。ちょっとフードをひっぱって、片手で視界を確保する羽目になりますので、100均のサンバイザーでもよいのでご用意を。
私は日焼け対策も含めて山用の360度つばのあるハットです。防水だから、フードがうざかったら脱いでも大丈夫だし。

<上半身編>

グッズのポンチョ、事前購入いたしましたが残念ながら、大雨に対しては短くて薄すぎる、といわずにはいられない感じです。利用するのであれば中に撥水性の何かを身につけることをオススメします。
現在の日本の野外フェスでは、レインポンチョはひざくらいまである長いものが主流。大雨でも体全体を守ってくれるからです。あと脱着が楽。1万円くらいする高いものはやはり暖かさと撥水性、通気性が違いますが、安いのものでも今回は事足りると思います。本気山の中ではないですからね!

レイングッズには防水スプレーをかけて乾かしてくることをお忘れなく!!!ホテルの部屋でやるとけっこう危険だぞ!(経験済です...防水スプレーは風通しのよい屋外でやりましょう)

<下半身編>

トレーニングタイツなのは、濡れても速乾性があるから。寒さに覚悟がある方は素足でも問題ないかと思います。が、まあせめてレギンス履いたほうがいいとは思いますけどね・・・。ジーンズは濡れるとかわきにくいのでオススメしません。
あと、中の服装、Tシャツにショーパンとものすごいロックライブ仕様になってますが、ワンピとかでも問題ないんじゃないですかね。山登るわけでも飛び跳ねてダイブするわけでもないですからね。レイン装備からはみ出して、濡らしてしまうのだけご注意ください。帰り道の寒さがー。

それからレインスカートとは、ラップ式になっていて、防水の身体にまくものです。これ便利なんですー。見た目的にレインパンツみたいにださくならないし、単純に椅子や地面が濡れてても座れる用に、という用途でも役立ちます。フェスよりも山歩きで見かけるグッズです。
オフィシャルグッズのポンチョを利用される方は、下半身を雨から守る、こういうスカートか、100均でもいいからレインパンツを用意するとベターだと思います。最悪ゴミ袋にくるまるって手も。
ライブの間のみ雨の場合は100均レインコートでもいいと思います。でも長時間になる場合は浸水しちゃうと思うので、少しお金をだして素材のよいものを買う、とかしたほうが安心かと。蒸れるんですよね、100均レインコート...
とにかく、身体が濡れるとそこから冷えていくので、ご注意を。日の高い、ライブ中はなんとかなっても、帰りのバスに並ぶときに死ぬと思います。

<足元編>

わたしは今回トレッキングシューズにするつもりです。*4フェスでいろいろ試した結果、歩きやすさと浸水および泥沼に対する防御力(5センチまで防水)のバランス感でトレッキングシューズを選択。雨でぐしょぬれになってもそのままたぷたぷ歩く覚悟がある方はスニーカー+防水スプレーでも、もっと濡れたくない方は長靴がよいかと思います。
今回のイベントは、野外フェスみたいに1日かけて合計数十キロ歩いてる、なんてことはないと思いますので、ある程度足は疲れますが長靴でもそんなに問題ないんじゃないかと思います。
このへんは、天気予報次第ですね。私も宿まで長靴は持参します。朝から夜まで雨なら長靴一択。(しかしマイ長靴は歩く仕様のソール・・・そんなものも世の中にはあるんですね。これまでフェスグッズにいったいいくら投資してるのかは不明です)

ちなみに最終兵器は日本野鳥の会バードウォッチング長靴。折りたためる長靴で、今はいろんなメーカーから類似品がいろんな柄が出ています。リュックに放り込んでおけば途中から大雨でも安心。
宮城県民的にファンキーなのは田植え用ゴム長!野鳥の会長靴と同様に折りたためますが完全ゴム製でニトリコメリ(すみません、初出間違えました!コメリね、コメリ。農家向けホムセン!)とかで1000円くらいで売ってるよ!ほんとに水が入ってこないからそこは快適だよ!筆者は田植えフェスと化した雨あがりのARABAKI ROCK FEST.宮城県)を田植え用ゴム長で過ごしたことがあり、(朝から夜まで泥の中で踊り狂った)ちょいと足が痛くなった以外には特に問題ありませんでした(笑)

レイン用のレッグカバーは半分ネタです。これは山歩き用なんですが、泥が跳ねるような環境だととっても役立ちます。5センチまで防水のトレッキングシューズとあわせて、あばれなければ長靴と同じくらいのカバー力を発揮することになります。今回はそういう環境ではないですが、寒さ対策の一環としても持っていきたいと思います。身体をなるべく濡らさないの原理にのっとり、スニーカー系の方はあると便利。100均でも見かけたことあります。

ジップロック必携
携帯電話や貴重品、化粧品はジップロックに小分けに。スマホジップロックの上から操作できます。心配な方は防水パックを買いましょう。でも高い。
あと、荷物全体も、基本的にバッグの中で大きなゴミ袋などで包んでおいたほうがいいです。雨に降られると浸水しますからね。野外フェスの場合は完全防水のリュックをゲットしてたりする人もいますが、今回はそこまでじゃないんじゃないでしょうか。

・ゴミ袋2枚以上必携
レジャーシートの持ち込みが禁止されている今回ですが、大きなゴミ袋は必携です。小雨後の椅子に座るとき、椅子のしたに荷物を入れるとき、どうしても疲れ切ってどこかに寝っ転がるとき。最終的にはゴミ袋として。とにかく2枚以上あればなんとかなります。大きくて丈夫な素材でぜひ。

◆寒さ対策

・重ね着!

昼間と夜間の寒暖差、そしてコンサートで汗だく(にはならないのか?ロック系だと絞れるくらいになるので...)になる可能性を考えると、気温にあわせて脱ぎ着できる格好がベストです。わたしはTシャツ+ユニクロUVカットジップアップパーカー+撥水&防風機能のあるパーカーです。
このへんはヒートテックを入れ込んだり、長袖Tシャツにしたりと個々人で調節するところかと思います。
一番外側の防風機能がとにかく重要です。雨がふってなくても風が吹いて冷えるのが一番体にダメージなんだ!ということで、お金かけるならここです。

たぶん夜帰るときにあると嬉しいのが下記。

・ウルトラライトダウン
・フリース上着
ヒートテック
・ほっかいろ

RIGING SUN@北海道(真夏)、ARABAKI@宮城(GW前)、FUJI ROCK@新潟(真夏の山間部)のフェスの深夜にはいつもお世話になっているウルトラライトダウンです。これ、風通しちゃうので、防風パーカーの下に着てます。
そう、宮城の9月の夜はまあまあ冷えます。会場のある利府町はそこまで山の中ではありませんが、それでも山際であることにはかわりない。
フリースはほんとあったかいです。ダウンを中に着るのも同じ原理ですが、とにかく風を遮る一番外側と身体の間に空気の層を作る、これが保温性を保つ秘訣です。
着替える場所はあまりないと思いますので、朝から寒い場合のみヒートッテックですね。ほっかいろはあるとめちゃくちゃ寒くなった場合に備えて。真夏の野外フェスの深夜とか早朝にたまに使います。

◆汗対策

表を見てもわかるとおり、そこまで気温があがりません。先日NEWSコンに行った感じの運動量だったら汗かかないんじゃないかなーと思ってますがここは人にもよりますよね(笑)とにかく通気性のよい素材で揃えられるとベスト、着替えのTシャツと靴下くらいあるとよいっす。

◆虫対策・・・?

正直、ひとめぼれスタジアムの環境がわからないのですが、野外のアクティビティーで芝生上などがある場合、虫除けスプレーはしていったほうがいいでしょうね。
あと、虫除けバンドなどもありますが、完全野外フェスと違い、人間があんまり動かないので独特の匂いが充満するあの輪っかは、個人的にあんまりおすすめしません。

番外:懐中電灯

フジロックやライジングサンなど、深夜帯の演奏があってしかも本当に広大な敷地のフェスの場合には懐中電灯や電気ランタンを持参し、とくに懐中電灯はマグライトの頭にもつけられるやつにしたりするんですが、今回はまあいらないかなあと思っています。整備されたところしか歩かないから。
利府駅まで歩くっていう方は必要かもしれません。
ちなみに会場から利府駅まで歩くなんて正気の沙汰か?と地元民は思っています。そういう感じです...。


・・・と。これを友人に読ませて「なんにももってない!」と言われましたが。基本的に1日だけの装備であれば、100均+ユニクロである程度大丈夫だと思います。コメリでも安価にぜんぶ揃うよ!w快適さや万全を目指す方は登山洋品店やハンズなどへ。近年のフェスブームに伴って、かわいいレインやシューズなどフェスグッズがいっぱい出てます。

ここまで、完全にいち個人のメモですがどなたかの参考になれば幸いです。気力があったら写真もいれよう・・・

 

いずれにしても、故郷宮城県にたくさんの人々がいらっしゃることを、とても楽しみにしています。検討するべきことがたくさんで大変だと思いますが、ぜひコンサート以外にも宮城の食や自然を味わい、震災の爪痕などをご覧になって帰っていただければと思います。

むすび丸課長も歓迎してるって!!!とにかく米と日本酒美味しいから!

f:id:carakarax:20150901004502j:plain

http://www.sendaimiyagidc.jp/musubimaru/

f:id:carakarax:20150901004530j:plain

 

 

*1:「そんなにまじで山仕様な場所なの?」勝負は入場待機でもなくライブ中でもなく、帰りのバスの待機列だと思います。これ雨でも晴れても寒さとの戦いになるかと。数万人規模のコンサートの場合、1時間待ちで御の字、2〜3時間待ちを覚悟したほうがいいと思います。で、気温が下がると東京の初冬(11月くらい)だと思って大丈夫です。

*2:そうえいば、「ひとめぼれ」は宮城県で作られたお米の銘柄のことです。近年のもっちり米ブームに対しては、少々しっかりとしたお米ですが、かなり美味しい。私は古い人間なので同じ県産米でもより古いササニシキの硬派な味が好きです。特に寿司にはササニシキいずベスト!

*3:「360度つばのある帽子って後ろの人に邪魔じゃない?」  こういうのだったら大丈夫だと思います。キャップよりつば短い。日よけ要素の強いでっかいのはさすがに邪魔!ですよねー。

*4:「トレッキングシューズやりすぎじゃない?」天候次第ですよね。ほんとはスニーカーで行きたいところ。晴れてくれないかなー!私は泥沼、ちゃぷんちゃぷんスニーカー大嫌い派なのでトレッキングシューズが基本形ですね。

トップアイドルのCSRー日経エンタテインメント2015年7月号櫻井翔インタビュー感想ー

ここに2015年上半期のCD/DVD売り上げランキングがある。

上半期シングルヒットチャート
1位 嵐 Sakura 572,654
2位 嵐 青空の下、キミのとなり 518,817
3位 AKB48 希望的リフレイン 287,029

日経エンタテインメント2015年7月号掲載、サウンドスキャン(2014年11月14日〜2015年5月17日)のデータ

 

3位に圧倒的な差をつけての嵐の圧勝。


突然だが、2014年のコンサートツアーの友人のチケット倍率をもとに筆者が推計した2015年春時点での嵐のファンクラブのアクティブアカウント数*1は110万人程度である。

110万アカウント×年会費4000円=44億円

これが嵐の”ベーシックインカム”であるといえるだろう。
この金額が全て音楽制作に向かうわけではないが、CDの販売数を考えても、今の日本で彼らほど潤沢なお金を持って楽曲制作に挑めるアーティストはいないのではないだろうか。
パーソナルコンピューターと各種デジタルツールの発展、フィジカルのCDの売り上げ減少によって音楽はよりミニマムな制作環境を指向する時代に入った。BOØWYTHE BLUE HEARTSJUDY AND MARYなど、数多くのヒットアーティストを手がけてきた音楽プロデユーサー佐久間正英氏が自身の日記のなかで言っている。


どんな形であれ音楽制作には経費が派生する。その経費は”音の作り方・クオリティそのもの”に正比例する。
(2012年6月16日「音楽家が音楽を諦める時」(http://masahidesakuma.net/2012/06/post-5.html)より)

 

具体的な費用感でいうと

 

例えば10年ほど前まで一枚のアルバムを作るには1200~1500万の予算がかかった。今の世代の方からは「バブル!」と一蹴されるかも知れないがそれは違う。
ちゃんと真面目に音楽を作るにはそういう金額がかかるのだ。僕らのギャラが高かった訳でもスタジオが法外に利益をむさぼった訳でも無駄な時間をかけた訳でもない。録音作品を真面目に作るとはそういう事なのだ。
(中略)
この予算が抑えられると言うことは何かを削る事にしかならない。そしてその”何か”とは無駄を押さえることギャラやスタジオ代の交渉に留まらず、残念ながら『音楽の質』を落とすことになる。

 

詳しくは元の記事を参照してほしいが、1万枚も売れないようなアーティストがメジャーにもごろごろしている今日では、音楽を通じてお金をかせぐ筆頭となってしまったアイドルが、日本のなかでもっとも音楽制作にお金を使える存在となってしまった。

ここに、「嵐」にはトップを走るアーティストの責任として、最大限の質を持った制作をすることが求められているのではないか。

 

櫻井翔の「CSR」発言の凄味

嵐、トップアイドルの責任感、という観点からいうと日経エンターテインメント2015年7月号のインタビューで彼は下記の発言をした。

 

個人的にはキャスターをやらせていただくようになってから、CSR(=企業の社会的責任)みたいなことをよく考えるんです。どう社会貢献できるかを。
(中略)
ただ、グループと僕の意思が両立できるのなら、やっぱりそれは積極的に形にしていきたくて。

 

前述のように、彼らには大きな市場(ファン)がいる。一挙手一投足を凝視するファンが。
これだけのマスの影響力を持つ存在は、ほかに、今の日本にはあまり見当たらない。このことをもって「責任がある」と自ら語れる彼は、覚悟と頭脳のひとなんだなと、改めてその凄みを感じるのだ。

 

◆兼業アイドルとして果たしてきた役割と報道キャスターとしての危うさ

このインタビューの中でもうひとつ特徴的だと思ったのは下記のという発言。

キャスターをもう9年ほどやらせてもらってて、来たるべき40代を見据えたときに自分は、ジェネラルなお話はできるけど、"刀"を持ってないな、と思って。


確かに、ニュースZEROを見ていて思うのは、「庶民感覚」に寄り添いすぎなのではないか、ということだ。
何かをかみくだいて説明する、伝える。多大なる影響力と親しみやすさを持つアイドル櫻井翔ならではの役割ではある。

が、報道というのはより世界をよくする方向へとひとを導くために世界の情勢をひとに伝えることであると私は思う。

 

1つとても気になっていることがある。
それはアイドルという立場を崩さないまま報道の現場に彼がいるということに対してだ。
アイドルであるがゆえに(まあおもにバラエティにおいてだが)「立場上発言できません」と言ってしまう場面が彼にはある。あたりまえでしょ?別に報道の枠でその規制されてるわけじゃないんだから関係なくない?と思う向きも多いだろう。報道記者のほとんどが新聞社やテレビ局のサラリーマンで占められる日本において、アイドルとしての制約なんてそれをほとんど一緒なのではないかと思われる向きも多いだろう。しかし、ある程度こうして明言された「NG」を持つ彼と建前上の「NGなし」を持つ企業記者では伝える正義としての「報道」の性質は違ってくる。*2

 

続けること、実績を積み重ねて作る信頼感でしか、乗り越えられない課題のように思う。
自身がいうように、現状では「親しみやすい解説員」の役割が大きい櫻井翔のニュース番組での姿。
どうやって変えていくのだろう?とても興味がある。*3

 

ジャニーズアイドルが続けることによって実現すること、新規市場内で存在感をあげていくことについては加藤シゲアキを通じても語った。彼らの努力と才能に敬意を払いながら、生み出されるコンテンツを最大限に楽しんでいきたい。

 

 

*1:その時点で実際に有効な会員権の数

*2:さらにいえばせっかく新聞・テレビも枠組みとは別の場所に(建前上)いるのだから、局や社を跨いで報道面でも活躍してほしい。

*3:インタビュー内で自身が選んだといっていたテーマのひとつ、戦争を伝えるということ。今夏の日テレでの戦争特集をとても楽しみにしている。

青春と東京とわたしたちの人生の曖昧さ、そしてジャニーズという育成システム(「傘を持たない蟻たちは」「Burn」「ピンクとグレー」感想)

f:id:carakarax:20150730020624j:plain

語りたい。

と、思わせてしまう成長物語だと思った。誰の?小説家加藤シゲアキの。

またしてもマイナスな感じから入るので、ネガティブNGな方はすっとばしてほしいが...書く。

2015年冬、ジャニーズにはまってすぐに都内の本屋をまわってまわって探した加藤の処女作「ピンクとグレー」。サブカルの街の本屋にはまったく存在せず、某チェーン店の本店で入手した。30万部も売った本なのに、店頭在庫のなさに「ま、ジャニーズだからね」と思っていた。*1
そんなミーハー心と斜めになった視線で読んだ「ピンクとグレー」の感想。

1作目の「ピンクとグレー」はすごく読みにくかったので投げ出した。内容関係なく、私には厳しかった。地の文の説明が多くて、「もっとことばの表現力をつかってくれ!」と叫びたくなるような黒さのページで、行動から情景から細かく細かく説明するのだ。それは最近のラノベの表現に似てる気がして、これはラノベなんだこれは同人誌なんだと言い聞かせて読み切ろうとしたけど、やっぱり無理だった。

そしてなんとなく再チャレンジ!と思って発売日に購入した2015年加藤の最新作にして4冊目の著作「傘をもたない蟻たちは」に対し、下記の感想を持った。*2

 基本的に恋愛小説と、SFが収められた短編集である。掲載誌は「小説 野生時代」と「週刊SPA!」、「ダ・ヴィンチ」、「シュシュアリス」である。
 ばらっばらの読者層。
 いくつかの書評でも書かれていたけれど、加藤シゲアキ初の短編集はこの読者層に合わせて書かれている。

 読んだ中で好みだったのはドロドロの「Undress」社会人の恋愛の話、すごく引き込まれた。オチに向かう部分の拙速さは若干否めないものの、前半のダメ人間の多重攻撃は娯楽小説として小気味よかった。著者が下世話な会社組織の話をここまで書き込めるなんて失礼ながら思ってなかった。

 文芸作品として好きなのは今作唯一の書き下ろしにしてラストを飾る「にべもなく、よるべくもなく」。千葉の港町を舞台に青春の痛さを、書いている。ちょっと漫画的表現でパターンだなあと思うところはなきしもあらずだが、街の名物じじいの扱いの話や、田舎町で突然親友にゲイを告白されて困惑するシーンなど、子供から大人になっていく過程で誰しもがどこかで受け入れていかなければならない社会のかたちを、胸に迫る表現で的確に描いている。
それに加えてとても素敵だったのは、ラストに描かれる東京の街並みだった。田舎から東京にもつ憧れ感をきちんと描いた表現に久しぶりに出会った。

 美大生の恋を描いた「染色」は文章の醸し出す質感が、東京の薄暗いアパートの空気感で、なつかしくもあり、映画的でもあり、美しいと感じた。SF作品である「イガヌの雨」はグロさが、ミニシアターでみる映画みたいで面白かった。もともとSFは苦手なので、詳細に評価できないのが悔しい。

 

ふつーの文芸書の感想である。これをもって、さらに今、「Burn.-バーン-」を読んで、感動している。
感想を書くと以下だ。


 この小説は、結末がない。登場人物にも、明確な言葉を吐いていかない。何か確定的な言葉をいう人たちが極端に少ない小説だと思った。
 しかし、舞台はクリアだ。
 現実に存在する宮下公園と現実に存在する立ち退き問題。ある時点を起点にして、未来も過去も語られる。
 この物語は、主人公の成長物語であるとともに、変化する人間の姿をゆったりと捉えた物語だ。決して著者は何かを決めつけない。ある種、世界の多様性やあるべき姿を達観しているようにさえ見える。確定的な言葉を持たないままに、主人公の作り出す世界観と、奇妙な登場人物たちによって世界のいちぶが切り取られた感覚。
 最後の数ミリの厚さのページに詰め込まれた、伏線の回収が読後感のよさに拍車をかけている。

 「Burn.-バーン-」は素直に、面白かった。人生の中で3000冊を超える小説を読んできて(高校卒業まではだいたい数えていたので超えているの確実(笑))ある程度小説表現のお作法が身にしみてしまっている自分でも、面白いと思えた。ということは「ピンクとグレー」からすると技術的な部分においてかなりのジャンプアップをしているのではないだろうか。

 

 先日のNEWS ZEROでの加藤のインタビュー(山ノ上ホテルでやっていた!よっ、文豪!)によると、グループ・事務所の中で誰にも負けない分野を持ちたい、それは小説なのではないか?と彼が小説を書こうと思い立ち、書きたい、と自ら事務所に訴えた加藤。すると1ヶ月で書いてみろと言われたんだそうだ。それが処女作「ピンクとグレー」。また、同インタビューによると彼はそれまでそこまで人生のなかで小説を読んできた人でもなかったらしい。であれば、たしかに1作目を描き切ったこと自体が努力と才能の証左であったのだろう。

 このはなしで思うのは、やはりジャニーズ事務所の育てかたのうまさだ。中途半端ことはやらせない、きちんとやりきり、継続できるものにはチャンスを与える。
ジャニーズタレントが新たな分野に手を出すというのはどういうことか。それはつまり、とても冷たい言い方をするのであれば、商業的には大きなファンの購買数という確たる市場をもって、ボーナスステージから始める(ように見える)ということである。発売した暁には昨今のコンテンツ産業では採算ラインを上回ることが約束されている。よっぽどコストをかけない限り。
 本人にとっては、その市場が反応しなかった場合を想定してきついプレッシャーだろうが、その緊張感をもってしても乗り切り、継続できる素質のある者にのみチャンスを与えているように見える。その選び方の妙がジャニーズの育成システムたらしめているのだろうと思ってしまう。

 ちなみに同じくジャニーズ事務所でアイドル外活動として自身の立体や絵画を公開している大野智加藤シゲアキで異なる点は、大野はアートとしての評価も何もいらないと言っているのに対して、加藤は賞がほしい、と言っている点である。大野の作品が衝動から生まれたものであるが、加藤の小説は武器として生まれたもの、という違い。

 

 2015年7月30日にテレビ番組で大野智櫻井翔(ニュースキャスター)、加藤シゲアキ、の鼎談が放送される。こちらでこのあたりについて語られることを期待し、「閃光スクランブル」を読む前にこの感想をアップします!楽しみだな「閃光スクランブル」!*3

 

関連リンク
トップアイドルの執念ーアウトサイダーアートとしての大野作品(FREESTYLE上海感想)
http://carakarax.hatenablog.com/entry/2015/07/28/033915

*1:初速でぶっちぎって購買層を食い荒らした後にはまったく売れない、というパターンなのではと思っていた

*2:ところで、「傘をもたない〜」は初期プロモーションで「性描写」を売りにしてたみたいだけど、それはやっぱりジャニーズとのギャップという意味で面白いから?そんなもの言わなくても、十二分に面白いと思う。というか、あんまり性描写性描写いうから、ものすごいエロい短編でも入ってるのかと思ったらまったくだったので、言い過ぎです(笑)

*3:加藤シゲアキさんは大の映画好きとしても知られる。よって私は次回作以降、いびつでえぐめでただ美しくて無意味な恋愛物を所望したい!ぜひ、そういうのいっぱい書いて!東京の空気感を生かしたミニシアターっぽいけだるい作品とか。東京をもっと描いてほしい

トップアイドルの執念ーアウトサイダーアートとしての大野作品(FREESTYLE上海感想)

f:id:carakarax:20150728034350j:plain



※この記事は2015年7月22日に書いたものです。2015/7/27のNEWS ZEROをうけて心置きなく公開させていただきます!


私はいまこれを上海外灘美術館で書いている。正直とても居心地がよい。
それはわたしが現代アート好きで、世界中のいやおもに欧米の美術館やギャラリーに行っていて、この美術館もまた、それらと同じ常識に則って維持管理されているからだ。

東京在住の私は、上海には大野智の展示を見にきた。思わず、見にきた。嵐ファンになって半年、大野さんの作品を直接見る機会なんてなかったし、この先もそうそうないだろうとおもったから来た。

現代アートが長らく好きだ。もう15年くらい。もちろん素人のアート好きだから、細かいことは追えてないけど、中でも社会学や哲学のフレームワークを使って脳のフレームをいじくられる現代アートが好きなんだ。
では、大野智の作品は、自分のなかでどう評価付けだらいいんだろう?ざっと作品の写真を見た感じでは、好きなジャンルでもないし、そんなに心に”くる”ものはなかった。作品とは、図版ではよく分からないものである。大好きなアイドルに対して、その場で結論を下したくなかった。ま、直接みたら結論がでるかな、と思っていた。で、見にきた。

感想:
気持ち悪い

あ、怒らないで!ごめんなさい!
なんでそう、感じたのかはここから書くから!マイナスの感情じゃないから!むしろ、ほめてるから!*1

大野さんの作品からは、意図するところ、伝えたいことがまったく見えてこない。実際に本物を見てそう思ったのだ。合計二時間弱じっくり見たけどやっぱりわかんなかった。

ただただ見えるのは、作りたくて作るしかなくてひたすらに作ったんだろうなということ。
タイトルはおろか、素材表記さえもない展示。基本的に暗い展示室内。なんで黒人の顔がモチーフなのか?なんでグラフィティの中に光輝く自身のフォルムが書き入れられているのか?
黒人の顔のフィギュアを、ライブ会場において撮影した写真の作品だけが外界との繋がりを感じた。自身のバックグラウンドであるアイドルという外界との。

異論はあろうとも、私は基本的に現代アートとは、批評と表裏一体となったものであると考えている。言説に連なり、歴史に所属しない限り価値は生まれたことにならない。
つまり、少なくとも私が好きな”現代アート”は基本的に見る者に解釈を要求する。いわばすべてがかまってちゃんなのだ。

大野さんの作品にはそれがない。みえるのはただただ本人の執念のみ。それはときに見るものとのお約束ーーパースや色使いのデザイン的ルールやそこに起因する気持ちよさーを完全に無視する。

これらの要素が私が大野智の作品を気持ち悪いと思った所以である。
この手のアート、取り扱えないものさえ文脈にいれようとしちゃう傲慢なアートの言葉を使えば、アウトサイダーアート、というジャンルになる。
生涯をかけてひとりでどでかい宮殿を作ったフランスの郵便配達夫、フェルディナン・シュヴァル。ただただ自分の時間を空想にあてたヘンリー・ダーガーなど。
この上海個展で展示された彼の作品は、これらにつらなる「執念の作品」のように見えた。実際、どこにも本人からの「アート」という言葉もない。*2


会場には現代アーティスト、草間彌生のコメントが日本語、英語、中国語で展示してあった。
展示のガイダンスとしてとても秀逸な文章だった。あまりによかったので全文書き写してきたのだが、一部ここに引用する。

おーちゃん、これからもうんとがんばってね。
類まれなあなたの精神力をもって
世界に平和を人類の愛をもっともっと
ぶちあげてちょうだいね。

「類まれなあなたの精神力をもって」これだ。これ。思わず作り続けること。人に見せたあとでもまだ作り続けること。"アウトサイダーアート"である彼の作品は続けることだけでしかアートになれない。いや、そんなことは誰も求めていないのだろうけど。でもつまり、続けることが彼の外の世界に対しては意味が生まれないとも言える。
この草間彌生氏の評は2015年春のものである。今回の上海で展示されている作品は2007年までの初期作品。そして2015年7月22日現在、東京ではその後の8年で作り貯めた最新作の展示が行われている。
この8年は、彼の仕事が大きく広がり、日本を代表するアイドルグループへと成長したのとタイミングを同じくする。この間にも発表できるほどの作品を作り貯めてきたことこそが彼のアーティスト性を表している。

すごい、大野さん。よくわかんないけど尊敬する、その連綿と続く執念なのか、天才性なのかもうよく分からないけれど創作意欲に。


ちなみに、今回の展示会場で感じた違和感。最大の違和感にして上海外灘美術館で居心地よく感じる理由。それは作品を見学する前にパンフレットを買うかどうかの選択を迫られたことです(苦笑)
もう1回当日券で入場しちゃったじゃないか。いや、いろいろ考慮すればそうしたほうがいいのもわかります、わかりますが!違・和・感(笑)


ちなみに新作の写真をみる限り、前述の「周囲を無視したいびつさ」は薄くなっているように見受けられる。これには彼の本業の市場性がつよく影響しているのではないだろうか。*3そこで考えるのは人材育成機関としてのジャニーズ事務所のシステムである。と話がぴょーんと飛んだところで、ここは小説を4冊上梓するにいたったNEWSの加藤シゲアキさんを通じて別項で語りたい。*4

 

 

SATOSHI OHNO EXHIBITION
FREESTYLE IN SHANGHAI
 2015

大野智作品展「楽在其中」
2015.7.9-2015.7.29
上海馳翰美術館

 

 

*1:2015/7/27のNEWS ZEROの個展密着でご自身の口から「気持ち悪い」という評価が出たので心置きなくこの感想を公開します・・・

*2:大野さんの立体作品を見てると大竹伸朗を思い出した…ちなみに私は草間彌生展で吐きそうになって足早に展示室を通り抜けたことが数度ある

*3:しかし人気すぎてチケットとれなかったので実際に検証しにいけないのがかなり歯がゆい

*4:大野さんの場合、既存アートの評価を一切欲しがっていなさそうに見える。が、NEWSの加藤さんは賞がほしそうなのでまたここに違いが出てきているのが面白い